陶器陶芸 花入を買取り

買取参考価格2,000円
買取品陶器陶芸 花入
ご依頼地域兵庫県神戸市中央区三宮
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

膳所焼きの陽炎園製の花入れをお買い取りさせて頂きました。
作品本体にも傷や割れ、ヒビなどのダメージは無く付属品の箱にも割れ等の大きなダメージの無い比較的綺麗な状態の良いお品物だった為このお値段でお買い取りさせて頂きました。
膳所焼きの歴史は江戸初期から始まります。しかし、始まったばかりの頃は他の焼き物に押され確立はされませんでした。通説では元和7年膳所城主の菅沼織部定芳が御用窯として始めたものと言われています。その後、湖南の景勝地に育まれてきた膳所の名窯にもいくつか途絶えがあり、梅林焼のあとは無くわずかに雀ヶ谷焼が伝えられるだけですが、大正時代に小堀遠州所縁の名窯の廃絶を惜しんだ膳所の岩崎健三が山本春拳と共に膳所窯を復興しその工房を陽炎園としました。