秦 蔵六 茶道具 鉄瓶を買い取り

買取参考価格500,000円
買取品茶道具 鉄瓶
ご依頼地域兵庫県西宮市

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

今回は初代 秦蔵六作の鉄瓶をお買取させて頂きました。鉄瓶の口の部分が動物の顔になっている獣口と呼ばれるものです。初代秦蔵六は江戸時代から続く金工師の一族です。初代秦蔵六は鉄瓶製造で名高い龍文堂の門下で鋳金の技術を学び独立。その後、江戸期には孝明天皇の御印や15代将軍徳川慶喜の黄金印、明治に入ってからは天皇御璽や大日本御璽の鋳造などを手掛けました。その後、代々「蔵六」の名と伝統の鋳金技法を継承し金属工芸の第一人者として今日まで至ってきました。
現在は5代目秦蔵六氏の息子さんが6代目秦蔵六として活躍しています。
6代目秦蔵六氏は同志社大学文学部卒業後、父である5代目秦蔵六から伝統の鋳金技法を学び、古代中国器の意匠から美のエッセンスを取り入れ個性豊かな青銅器を創作しています。