青磁の壺を買取り

  • 青磁の壺
買取参考価格10,000円
買取品青磁の壺
ご依頼地域埼玉県越谷市
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

鈴木三成の「青磁 壺」をお買取りさせていただきました。
木箱に入った陶磁器には作品本体とは別に付属品があり、今回のものは付属品の栞や作品を包む為に用いる共布が揃っていた為今回の査定額となりました。
もし木箱入りの陶磁器類をお持ち頂く場合は、事前に付属品の有無を確認していただき揃えて頂くと査定が上がる事もありますので、お持ちいただく前に一度ご確認下さい。

鈴木三成 作家略歴 千葉県生まれの陶芸家。昭和初期に活躍し帝展、新文展、日展などの審査員を務めた河村蜻山に弟子入りし、仕事が終わった後夜間に一人工房に残り陶芸の技術向上に努めた。
1961年に築窯し、その後に訪れた中国の博物館にて青磁に魅了され、青磁の研究を行うようになる。作品の技術力の高さが認められ、文部大臣賞の受賞など多くの賞を受賞した。