近藤悠三・染付花瓶を買取り

  • 染付花瓶
買取参考価格30,000円
買取品近藤悠三・染付花瓶
ご依頼地域兵庫県神戸市
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

近藤悠三 作の染付花瓶です。
こちらの商品は割れや欠け、ヒビなども無く綺麗な状態だった為この査定結果になりました。
近藤悠三は京都市清水寺下出身の陶芸家で、父・正平、母・千鶴の三男として生まれ、祖父の正慎は清水寺の寺侍でした。
1914年に京都市立陶磁器試験場付属伝習所に入所。
1917年に卒業後、同試験場で助手として勤務する。
当時、あの河井寛次郎と濱田庄司が東京高等工業を卒業し、技手として陶磁を研究しており、悠三は濱田庄司から窯業科学などを学びました。
その後、帰国し富本憲吉の助手として師事。素地や釉薬などの技法だけでなく、制作に対する心構えについても学びました。
弊社ではそんな近藤悠三だけでなく、師の濱田庄司や富本憲吉なども高価買取しております。
何かあれば是非ご連絡ください。