塩釉象嵌縄文扁壺を買い取り

  • 壺
買取参考価格85,000円
買取品塩釉象嵌縄文扁壺
ご依頼地域埼玉県さいたま市
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

島岡達三の「塩釉象嵌縄文扁壺」をお買取りさせていただきました。
陶磁器が好きなお客様でとても大事に保管なさっていたようです。作品も長期間木箱の中に入れていた為、作品自体はほぼ新品の状態が保たれています。木箱も暗所での保存だった為日差しで焼ける事もなく、傷もほとんどない為今回の査定額となりました。
こちらの作家の作品は縄で模様を付けた柄が特徴で、白単色の作品と比較し色の付いたものは査定額が上がります。こちらの全体に青い色の釉が掛けられたものは「塩釉」というもので、塩釉の扁壺は余り数が少ないというのも査定額が上がった理由となります。

島岡達三 作家略歴
東京都生まれの陶芸家。組紐師「島岡米吉」の息子。師匠は人間国宝の浜田庄司。高等学校在学中に日本民芸館を訪れ、民芸品の素晴らしさに感銘を受ける。1996年に縄文象嵌で人間国宝に認定される。