斑紫銅茶托・鼠文・漢詩入を買取り

  • 銅の茶托
買取参考価格18,000円
買取品斑紫銅茶托・鼠文・漢詩入
ご依頼地域埼玉県川口市
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

本間琢斎の「斑紫銅茶托 鼠文 漢詩入」をお買取りさせていただきました。
こちらは本来木箱に入っているものですが、紛失してしまったようで茶托のみのお買取りでした。
箱に入っていましたら査定額はさらに上がりますが、茶托の状態が良い為今回の査定額となりました。
同じ茶托でも図柄や何代目の作品なのかで査定額が大きく変わってきます。
そのような判別には専門の知識が必要となりますが、エコリングには骨董・古美術品を専門に扱う鑑定士が在籍しておりますのでお持ちの作品がどれほどの価値があるものなのか不明な場合は是非一度店頭へお持ちください。

本間琢斎 作家略歴
江戸時代から続く鋳金家。初代本間琢斎は大砲の鋳造などを手掛けていたが、明治維新後からは美術品の製作に力を入れるようになり斑紫銅を開発した。