唐物・煎茶合を買取り

  • 茶合
買取参考価格25,000円
買取品唐物・煎茶合
ご依頼地域大阪府大阪市
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

唐物の茶合をお買取りさせていただきました。
古い時代のもので割れ等も無く綺麗な状態の商品だった為に、このお値段でお買取りさせていただきました。
さて、茶合とは茶器の一種で、茶の量をはかるものです。抹茶用は桜の木で椀(わん)形に主に作り、煎茶(せんちゃ)用は二つ割りにした竹で主に作られます。
流派により「茶量」、「仙媒(せんばい)」「茶則」「茶計」とも言われます。
同じような用途の道具に茶さじがあります。
煎茶道の道具は大半が中国に起源が求められるが、この茶合は日本起源の道具です。
「唐物」という茶合は、中国本土では書道に使う「腕枕」(袖を汚さないためと腕の支えとして置く)として使っていた竹を転用した物で、大きすぎて用途に適していない物も多いです。
さて、当社で茶合だけでなく茶卓などさまざまな煎茶道具を高価買取しております。
何かございましたら是非当社まで。