又妙斎・円能斎・淡淡斎合作・掛け軸を買い取り

  • 掛軸
買取参考価格450,000円
買取品又妙斎・円能斎・淡淡斎合作・掛け軸
ご依頼地域大阪府大阪市
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

裏千家の12.13.14代当主の合作の掛け軸をお買取りさせていただきました。
とても良い御品物だった為にこの査定金額でお買取りさせていただきました。
さて、千家(うらせんけ)とは、茶道流派の一つで「裏千家」の語は、家元とその家族らで構成される宗家を指すことも、「一般財団法人今日庵」などの法人組織を指すことも、弟子・門下生を含む流派組織を指すこともあります。
茶道諸流派中最大の流派の一つです。
千家の名称は、千利休からの家督を継いだ本家の表千家(不審菴)に対し、今日庵が通りからみて裏にある意。
宗家は京都市上京区小川寺之内上ルにあり、表千家宗家と隣接している。
その茶室・今日庵(こんにちあん)は裏千家の代名詞でもある。
なお、今日庵の由来は、宗旦が亭主をつとめた茶席に遅れた清巌和尚に、所用があるとして留守にした宗旦が明日の来席を請うた際に残した清巌和尚の「懈怠比丘不期明日」の書き付けから。「千家」といえば本来、本家の表千家のことであったが、裏千家の活躍もあり、近年になって分家である武者小路千家と併せて「三千家」というようになった。
弊社では、裏千家だけでなく、表千家等の歴代当主の花押入りの作品も高価買取しておりますので何かございましたら一度、当社までご連絡くださいませ。
後悔させません。